ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

アメリカンビンテージストラトキャスター











フェンダーのアメリカンビンテージシリーズの始まりは1982年です。フラートン工場で2年間作られたストラトが希少価値があるようです。フラートン工場の職人がカスタムショップの前身ということらしいです。


82年の初任給が12万ということですから、アメリカンビンテージのストラトの28.5万という価格はかなり高価なものということが言えるでしょう。


35年前のギターですのでなかなか出物がないということですね。







アメリカンビンテージストラトキャスター62、57リイシュー
フラートン工場(1982~1984年)
定価285000円

コロナ工場(1985年~ )
定価199000円(1989年)









































スポンサーサイト
  1. 2017/02/24(金) 08:56:09|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボイスレコーダー | ホーム | 締め切り第3弾>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4679-d9137197

ジン

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search