ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ファットネック












フェンダーカスタムショップ1960年ストラトキャスター3カラーサンバーストファットネックです。42.57




https://www.digimart.net/cat01/shop1484/DS04066529/










太いネック派でしょうか?それとも細いネック派でしょうか?



ネックが太いとネックが振動してギターが鳴っているという感覚を得るギターってあります。フェンダーの場合54が一番太くて60年になると細くなってくるという感じはありますが。人間が作るものですから、職人によって太さを変えたり、オーダーで太さを変えるのでしょうかね?ジェフベックの初期モデルやリッチー・コッツェンモデルは太いという噂ですが。自分的にはネックが細いほうが弾きやすい気もします。良いのか悪いのかは知りませんが、弾いていてネックが振動するギターは弾いて楽しい気がします。








































スポンサーサイト
  1. 2017/07/30(日) 22:13:18|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<定番 | ホーム | ESレスポールゴールドトップ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4744-272163b3

ジン

01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search