ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ソリッドギター











最近ESレスポールの検索で盛り上がっているので、ちょっとレスポールについて調べてみました。レスポールというとソリッドギター。レスポールは重いというイメージはあるのではないでしょうか?重い、重いと言われれば、軽くしなければとメーカーは思うのではないでしょうか?



2008年から、レスポールのレギュラーモデルは、ボディーがチェンバード加工され、ボディーのほとんどが空洞という感じになっているようです。どうもソリッドギターではなくなったようです。



2012年からは、ウエイトリリーフマホガニーと呼び、ボディーに12の空洞を開けています。チェンバード加工ほどではないですが、かなりの空洞ができています。2008年以前のモデルも9個の丸い穴のウエイトリリーフ加工がされているということです。



2008年以降のレスポールはソリッドギターではなく、セミソリッドギターという分類に入るようです。fホールが付けばセミホローという分類に入るという感じでしょうか。





http://www.naru-gakki.com/weightrelief-lp/








要するに2008年からは軽量化のために全く違う構造のギターになっているわけですね。2017年はウルトラモダンウエイトリリーフとなっていて、空洞の作り方も変化しているようです。1980年代から9つの丸い穴は開けられているのではという話もありますね。空港のX線を通すと9つの穴が見えたという話もあります。



いつの年代のレスポールが良いのか?個体差もあるかもしれないですが、持ってみて、弾いてみて、体感してみないとわからないということですね。








































スポンサーサイト
  1. 2017/08/09(水) 07:31:17|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<センターブロック | ホーム | サマーセール>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4751-08bac5a0

ジン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search