ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

実物











フェンダーエリックジョンソンストラトキャスターシンラインですが、もう実物が届いて、写真を貼りだして販売しているショップがあるようですね。


実物6本掲載で2CS5本、ホワイト1本ですね。2CSが3.07キロ、3.10キロ、3.15キロと3本で重量が掲載されてますね。ホワイトは掲載ないですね。普通のモデルが3.53キロですから、セミホローでも400グラム軽いぐらいですか。


ストラトってピックアップと電気系統、ブリッジとバネの部分キャビティーが掘ってありますから、Fホールの部分の空洞が400グラムという感じでしょうか?シンラインってどんな構造してるんでしょうか?








































スポンサーサイト
  1. 2018/03/10(土) 02:37:59|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生産本数 | ホーム | エリックジョンソンシンライン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/4849-3c5a95c2

ジン

05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search