FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

楽器屋巡り












久しぶりに楽器店が空いている時間帯に横浜駅で下車したので楽器屋巡り。と言っても暑いので歩き疲れる前に、駅に近い楽器店1軒だけ行ってきました。高いギターばかりなので触れることもなく、ただじっと見るだけにしました。




フェンダーのストラトキャスター、フレイムメイプルトップで、トラ目がびっしりの一本がありました。見事な木目。モダンな2点止めのトレモロユニットで、ゴールドパーツ。掛けてあったのでわからなかったですが、ネックのメイプルの木目もすごいようです。マスタービルダーものだけあって中古で50万円台。これが一番すごかったですかね。



カスタムショップの60年代のストラトがありましたが、新品は40か50万円台、中古だと20万円台後半という感じでしょうか。見た感じネックは細目で、細目のネックが好きな人は弾きやすいでしょうね。



高級ギターのポールリードスミスも何本もありましたね。木目を求めるのでしたらポールリードスミスでしょうね。10トップの規定は仕上がりでトップ前面に木目が入っているという規定があるようです。木目の安定はすごいですね。エメラルドグリーンどうなのかな。すごく良い感じでした。長年持つものなのでいつ見てもこの色良いなと思うかですね。落ち着いた定番カラーが良いのか、その時気に入っているカラーが良いのか、ちょっと考えますね。



さて、次狙っているレスポールですが、今年発売のウエイトリリーフのないスタンダード、木目は2Aということで、カスタムショップの個体と較べながら見ると、やはり2Aですね。カスタムショップのレスポールですが、価格帯は60万円台後半と40万円台後半。木目は表情を楽しむという感じですかね。問題のネックの太さですが、ハンガーにかけてあるのでわかりにくいですが、フェンダーの60年代ほど細いという感じはなかったです。これは握ってみないとわからないですかね。



簡単に言うと完全に予算オーバーですね。予算内で気に入る物が見つかるかですね。








































スポンサーサイト



  1. 2019/08/26(月) 13:33:26|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<調査 | ホーム | ラッカー塗装>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinyokohama.blog14.fc2.com/tb.php/5005-e2eca7ce

ジン

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search