FC2ブログ

ハピハピジャズ日記

ジャズ、スムーズ・ジャズ、ロックなどのギター音楽を通して日常の出来事をつづります。

ペイズリー












ブラックのペイズリーの渋いストラトがあったのですが、個性的な1本が欲しいという人にはぴったりですね。実際には68~69年のテレキャスターにペイズリーがあったようです。60年代のビンテージですのでかなりの価格のようです。実際にはペイズリー模様を書いているのではなく、ペイズリー模様の用紙を貼って塗装しているようです。フェンダージャパンからペイズリーのストラトが出ているようです。







































  1. 2018/09/09(日) 11:28:07|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、今年は












さて、毎年この時期にギターを買ってしまいますが、昨年はギブソンESレスポールを2本、一昨年は57年モデル、その前は54年モデルと毎年買ってしまってます。



今年は。。。というと今のところ買う気はありますが、出物がありません。



今年はずっとエリックジョンソンのシンラインを追っていましたが、まず価格。27あればカスタムショップのストラトが中古で買えます。中古美品がたくさん出回るまで待つのも1つの手です。次にネック。57年のネックですから、試奏してみたほうが良いかも。試奏の機会ができるぐらいギターが出回る必要がありますね。



次はというとカスタムショップの1960ですが、サンバーストの美品の出物が今なかなかないという感じですかね。60年は意外といろいろなカラーで出回っていますが、やはり何年も使っていると状態は使用感が出てくるという感じでしょうか。まあ、好みの色で美品が出ればそれでも良いのですが、最近は美品も出てないという感じですね。サンバーストの次の候補としていくつか買っても良いカラーを上げておかないと、突然出物があっても即決で買えないかもしれないですね。



物欲は生きているうちは止まらないんですかね?急いで買う必要もないので様子見中という感じでしょうか。ということでもしかすると今年は何も買わないということになるかもしれません。何年振りでしょうか。












話はガラッと変わりますが、下着と靴下を買うタイミングっていつですかね。毎月コンスタントに新しい物を買い足しているという人もいれば、季節の節目ごとに気温に合った厚みの物を買うのでしょうか。元々無頓着なので、勝負下着など持ってないわけですが、定期的に買う習慣をつけないとということで昨日出かけた帰りに買ってきました。新しいものを身につけるのは気持ちいいものですよね。








































  1. 2018/09/07(金) 23:10:49|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリックジョンソン











3月9日に発売されたフェンダーのエリックジョンソンシンラインですが、ボーナス期の補充もあって、ネット上の在庫を数えてみると41本、内ホワイトは24本です。発売して6ヶ月経って大分増えてきたので、そろそろ在庫のある楽器店に試奏に行けるかもしれないですね。



最安値は新品で、23.2794です。大分安く出回るようになりましたね。
















ギターの種類ですが、大きく分けると、ソリッドギター、セミアコ、フルアコですかね。シンラインはセミホローのセミアコに分類されますかね。


ソリッドギターで重いとか言い出すと、ギター界が混迷する傾向もありますね。レスポールの大きさの中身がちゃんとある木材のギターだったら4キロあるのは普通ということですね。それを重いとか言うと、チェンバードとかウェイトリリーフだとかいう話になっていくわけですね。中にはギターのレントゲンを撮ったら穴が9個開いているという話になるわけです。重いと思ったら、ソリッドでなくセミホローのギターを弾きましょう。








































  1. 2018/09/07(金) 10:41:24|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤニ問題











誰が元祖がわからないですが、火のついたタバコをヘッドの弦の所へ挟んで焦げ跡を作る。クラプトン御大にあこがれたファンなのか、エディーヴァンヘイレン先輩に憧れたファンなのか。焦げ跡を作ったギターキッズがたくさんいるのでは。子供は真似してはいけませんが。メーカーのレリック物のギターにたばこの焦げ跡が付いていたりすることもありますね。




タバコを吸わなくなってもうだいぶ経ちますが、周りでタバコを吸われると苦しい苦しい。喫煙する人とカラオケや飲み屋には行けない体になってしまいました。花粉症のシーズンにたばこを近くで吸われると鼻水が出始めます。



一つ問題なのが中古品ですね。外装が布製のセミハードケースの中古のウクレレを買ったのですが、そのケースが部屋で異臭を放ち続けたということがありました。売却した時にそのケースを付けました。それ以来中古品の問い合わせの質問にケースはたばこ臭がしませんか?という質問をするようにしています。



最近はたばこを吸わない楽器店の店員さんも増えたのか、中古のギターの説明に、ギター本体、ケース共にたばこ臭がしますというような説明がついている場合もあります。ギターを部屋に出しっぱなし、ケースも同じ部屋にある、そして部屋で喫煙するとなると文字通りスモークドギターになるわけですね。長年にわたりたばこの煙にいぶされている状態になるわけです。



最近ちょっと良いなと思ったギターがあったのですが、たばこ臭のあるギターとケースは買えないですね。


















































  1. 2018/09/05(水) 11:39:23|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはすごい












フェンダーカスタムショップカスタム50’sストラトキャスターNOSホワイトゴールドリーフです。ボディーはアルダーの2ピースに白色銀箔、ネックはメイプルのトラ目22フレット、145.8です。これはすばらしい。



https://www.digimart.net/cat01/shop1580/DS04789649/








































  1. 2018/09/04(火) 10:56:33|
  2. 楽器の話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

ジン

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search